スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨ニモ負ケズ

朝の教育テレビでやってる「日本語で遊ぼ」

宮沢賢治の雨ニモ負ケズを各地のお国言葉で語るコーナーがあります。

同じ文章なのにものすごく印象が変わって面白いです。

具体的にどうちがうかというと

大阪のほうだとノー気な人に聞こえるし
京都弁だとちょっとお高くとまってるふう
秋田弁だといじけてるみたい

(あくまで雨ニモ負ケズでの印象でその地方がどうのこうのという他意はございません(*´д`*)

お国言葉に限らず、同じ内容話でも、話し方や口調によって印象が真逆にちかいくらい変わるんだと、こども番組にあらためて実感させられたというお話です 。
自分の日常会話を振り返ると反省あるのみです(T^T)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kyonghwa.blog66.fc2.com/tb.php/535-babcff26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。