スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無人島で一日


ツアーとは言え、島につくと三々五々散っていって自由時間となります。

シュノーケルや無人島探検、ツアーリーダーのお兄ちゃん「チャラ男」君が海岸の生き物や植物を説明してくれたりもあるけど、極めてノンビリ

これまたバカンスな感じで、それはそれでやっぱり良かったかな。

あおむしはこの時点で結局「顔つけ」が出来ず、シュノーケルもパニクってつけられず、結果直接は珊瑚礁実感出来ずという、結局今回のオーストラリア旅行の本来の目的は一つも果たせなかったんじゃないかという始末なんだけど、
本人は気にする様子もなく、楽しんでいたようです。

午後は船酔い母さんとあおむしけむしくんと別行動で二人は半水中船で珊瑚礁見学、私はひたすらシュノーケル

この一人シュノーケルで衝撃的な体験をしました。


巨大魚群に囲まれました!!

浜からほんの10メーター
深さも2、3メーターしかないところ

見た目鯵とかイサキみたいなパッとしないやつだけど、数百ぴき?千びき?

もう、びっくりして水中カメラのシャッター切りまくりで、現像したらおんなじ大量の魚の写真だらけで、結局あんまりつまらないことになったんだけど(笑)

ちゃんと黄色や青やシマシマのいわゆる熱帯魚いっぱいいたけど、残念ながら潜れないから写真はゴミくらいにしか写ってなかった。

いやはや、あまり感動を共感してもらえないけど、泳げない私が経験して良かったのかしらと思うほど衝撃的でした。


半水中船のほうは前日の雨の影響でいまいちだったようですが、これまたあおむしあまり気にしてない様子。


というか、世界遺産グレートバリアリーフに来ているという価値がわかってないんでしょうね(;_;)
ま、仕方ないか、今までの海、お台場江ノ島、ようやく九十九里、辛うじて和歌山白浜ですからね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kyonghwa.blog66.fc2.com/tb.php/1288-15fa1a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。