スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


韓国とうがらしでピキヌー


家庭菜園で育てたとうがらしたち。
ピーマン類は虫もつきにくいし丈夫でほとんど手がかからないので毎年恒例になってます。
万願寺とうがらしは二株
丸焼きにしたり刻んでサラダにしたり辛味も苦味もなく爽やかな味で用途大なので良いのですが、
今年は「韓国とうがらし」を試してみたのです。
説明札にも「生でも○辛さマイルド」なんて書いてあったし、韓国ドラマで焼き肉や焼酎のアテにまるかじりしてるシーンにあこがれて


しかし
あたり外れはあるけどやはり辛い
まるかじりなんてとてもとても(T_T)

種とってもまだまだ

青いうちでも赤く熟しても辛い

大豊作なのに使い道なくて困ってたら、ふとタイの調味料「ピキヌー」(とうがらしの酢漬け)
大好きで常備してるのだけど、もうすぐ切れそう。
というわけで、刻んで塩と米酢で一昼夜


バッチリ

生食できるくらいなので、酢漬けでとうがらし本体からは辛味が抜けて食べやすくなりました。
うちにあった酢がたまたま米酢だったから市販のよりこくもでて美味

試しに作ったのは浅漬けなので、残りのとうがらしをつかって本格的に酢漬けにしようと計画中です。

今回のつけ汁はオリーブオイルと合わせてドレッシングになりました。

ちなみにゴーヤはあまりの猛暑で真夏はまったく実らず今になって小型量産中


白ゴーヤなるものですが、緑の普通のより苦いような(;o;)

辛いのも苦いのも手入れが悪いからかなぁ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kyonghwa.blog66.fc2.com/tb.php/1102-ddfedd03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。