スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


観たのは


やさいのようせいです。

NHKで放送中

天野喜孝のイラスト集を元に作られた作品

天野喜孝氏の作品はアニメとかファイナルファンタジーとか幻想的だけどシリアスで少し陰のある感じで暗いイメージがあるので、初めてこれを見たときビックリしました。

でもある意味世界観は変わってない。変わってないけどあったかい感じ。不思議です。
そういえば新しいFFはこちらよりの原画でしたね。


やさいのようせいは
アニメなのにそして多分CGの作品なのに天野喜孝独特の鉛筆書きの手書きの質感もそのままに表現されていて、とても丁寧に作られている印象です。


まぁ今回映画は3D

思いっきり2Dな絵をわざわざ3Dにする意味は?だったけど、とってもきれいで良かったです。


大人的には本編もう少し長くても良いのでは…と思いますが、あおむしはあきずに満足満喫のようでした。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kyonghwa.blog66.fc2.com/tb.php/1010-b5660268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。